本格的なショコラ実習
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2014.01.24
本格的なショコラ実習

今週は新宿でサロン・デュ・ショコラが開催されたり、バレンタインも近づいてきたこともあり、ここ最近はショコラに関する関心がますます高まっていますね。

本校ではなんと1977年頃から、今後ショコラに関する知識と技術はパティシエには不可欠な要素になると考え、洋菓子科2年生の授業に取り入れています。ショコラの授業だけで、約1ヶ月間もの時間をかけてしっかりと学んでいくんですよ!

学生時代にこれだけの時間をショコラ実習に充てられるのも、豊富な実習時間があるからなんです。

IMG_3020 (314x209).jpg

ボンボン・ショコラは、スイスやベルギーなどヨーロッパで親しまれているものを中心に、専門店並みの約50種類ものレシピを学んでいきます。ガナッシュやプラリネ、マジパンなどのセンター(中身)も素材から自家製でつくるんですよ。もちろん、基本のテンパリングからディスプレイ作品まで、幅広くトータルにしっかりと学んでいきます。

卒業後、自信を持って仕事に打ち込むことができるように、現場で必要になるであろうと考えられることは全て網羅していきます。

IMG_7502 (314x236).jpg

実は今、洋菓子本科2年生では来週に迫ってきたショコラの実技試験に向けて、猛練習中なんです!
何度も何度も繰り返しつくることで、しっかりとした技術と自信を身につけていきます。みんな頑張って下さいね!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >心も学ぶ
次の記事 >材料の違いも学ぶ

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」