シュクル・クーレ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2013.11.11
シュクル・クーレ

今日の洋菓子本科2年生では、「シュクル・クーレ」の授業を行なっていました。

IMG_2810 (314x236).jpg

「シュクル・クーレ」とはアメ細工の技法のひとつで、流しアメのことで立体造形的な工芸菓子の分野に位置するテクニックの一つです。マーブル台の上にデッサンをもとに型をつくり、その上から色づけしたアメを流し込んでつくっていきます。アメが固まった後に組み立てたり、組み合わせたりしていくんです。

IMG_2812 (236x314).jpg

こちらはまだ途中の段階ですが、デモンストレーションで先生がつくっていた作品。一度、先生がすべての工程を実際につくりながら説明して教えてから、各グループごとに好きなデザインを決めて、それぞれが同じように作品をつくっていきます。

グループごとにどんなデザインの作品が出来上がってくるか楽しみですね!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >あらゆる現場を想定
次の記事 >石窯でのパンづくり

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」