素材を知る
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2013.11.06
素材を知る

今日の和菓子専科2年生では、「さつま田舎饅頭」をつくっていました。

IMG_2753 (160x120).jpg IMG_2754 (160x120).jpg

今回使用しているサツマイモは、栗のようにホクホクとした食感と、糖度が高めなのが特徴な鳴門金時です!これを真空調理を利用して加糖し、蜜漬けにしています。

IMG_2757 (314x235).jpg

ひとつのお店に就職すると、その店の味へのこだわりや伝統、あるいは製造コストなどによって使う素材も限られてきます。そうした状況をふまえ、和菓子専科でも素材ひとつとってもさまざまな種類、バリエーションを実習などを通して学べるようにしています。仕上がりや味わいの違いを実際に体験することで味覚を磨き、自分の引き出しを増やしてもらいたいと考えているからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >現場を意識して
次の記事 >あらゆる現場を想定

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」