パスティヤージュ
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2013.10.07
パスティヤージュ

今日は、洋菓子本科2年生でパスティヤージュの授業を行なっていました。

IMG_1570 (314x236).jpg

パスティヤージュとは、粉糖やゼラチンなどを水で溶かしてよく練ったもので、乾燥させると固まる性質があり、装飾菓子に使用されます。16世紀の菓子職人が考案したと言われ、19世紀末頃より建築物的ピエスモンテがつくられるようになりました。

IMG_1564 (314x236).jpg

また、普段の製品をつくる実習の時はグループでの実習ですが、こういった作品をつくる際は個人個人での作業になります。

IMG_1562 (314x236).jpg

現場では日々の仕事をこなしながら、時間をつくって練習するしかありません。そのため、いざ必要になった時にはすぐ作業に取り組めるように、学生のうちにしっかりと時間をかけて基本技術を修得しておくことが重要なんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >コンフィチュールつくってます!
次の記事 >常に現場を意識して

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」