手早く、手際良く
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2013.05.29
手早く、手際良く

パン専科でも2年生になると、正確な作業はもちろんですが手早さも求められるようになってきます。
徐々にですが、パン屋さんのように複数の製品を同時進行でつくっていくようになるんです。

IMG_9418 (160x120).jpg IMG_9429 (160x120).jpg

今回は、「ソフトフランス」と「ブッタークーヘン」、さらに「クロワッサン」も。

IMG_9426 (314x236).jpg

とくにこの「クロワッサン」に代表される折り込み生地の製品では、手早く手際良い作業が求められます。

IMG_9424 (314x236).jpg

バターなどの油脂を生地に折り込んで層をつくっていくこの生地は、油脂が溶けてしまうと肝心の層がなくなってしまうんです。生地を冷やして、その生地が冷えている間に成形をしていく必要があります。

IMG_9430 (314x235).jpg

日々繰り返し行なっていく実習の中で、作業の正確さはもちろんですがスピードも身につけていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >基本を丁寧に
次の記事 >和菓子科 就職セミナー

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」