プロを招いての実技講習です
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2013.04.23
プロを招いての実技講習です

本校では第一線で活躍するプロを招いての実技講習の授業も数多く取り入れています。
今日の洋菓子本科2年生の授業は、レピドール?にて顧問を務められている 寒川 正史 先生にお越しいただいて授業を行なっていただいています。

IMG_9135 (314x235).jpg

寒川先生いわく、実技講習では作業をよく「みる」こと。
「みる」というのは、「見る」ではなくて「観る」方のことです。
作業工程はもちろんですが、いろいろな部分をよく観察するようことが大切です。

「最近はガラス張りの工場を構えるお店も多くあります。お客様に見られていることを常に意識して、身の回りは常にきれいに清潔に作業すること。」
そう話す寒川先生の手元や道具は常にきれいに保たれたまま作業を進められています。こういった部分も、とっても大事ですよね。(^_^)b

また、作業についてはもちろんですが、スイスやイタリアでの修行時代のお話や、使用する材料の違いについてなど、とてもためになるお話ばかりでした。

ハイレベルな技術を間近で観る時間は、スキルアップするためのヒントがたくさん隠れています。その手さばきや雰囲気を知るだけでも、パティシエを目指す者にとって大きな刺激となるはずです。こういった貴重な機会に、たくさんのことを吸収してくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >着実に、そして丁寧に...
次の記事 >Let's Go バスハイク!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」