基本技術
東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

MENU
スクールブログ

2012.10.01
基本技術

本校が実習に重点を置く理由には、学生が自分で考え、身体を動かしながら学ぶことの重要性が挙げられます。
繰り返しつくることでしっかりと身についていくのが「基本技術」です。

IMG_5663 (314x236).jpg

洋菓子科が1年生のうちからナッペやパイピングを繰り返し練習するのは、どんな現場でも通用する技術の土台を築いておくためです。
自然と身体が覚えていくように、繰り返し練習する時間があるのも、プロになるための学校だからなんです。

IMG_5665 (314x209).jpg

今日は、個人個人で課題を設けて繰り返し練習をしていました。
自分専用の絞り袋や口金を使用して、バラの花を絞りでつくる練習や、アルファベットの細書き練習などをそれぞれ行なっていました。

プロのパティシエへの道は一日にしてならず!
みんながんばれー!!(^o^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >酵母を育てる
次の記事 >みんなでつくる

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」