第23回内海杯技術コンクール
東京製菓学校がお届けする『スイーツトピックス』

MENU
スイーツトピックス

2015.11.11
第23回内海杯技術コンクール

菓子製造に携わるすべてのプロを対象とした国内屈指のコンクール「内海杯技術コンクール」が、2015年11月10日(火)東京都港区にあるグランドプリンスホテル高輪にて開催されました。

151110-4.jpg

洋菓子のコンクールは、今や国内外各地で開催されており、洋菓子関連協会や製菓関連の原材料メーカーが主催のものなど、競技内容もさまざまなものがあります。中でもこの「内海杯技術コンクール」は、理事を務めている方々がいずれも日本を代表するパティシエたち。そのパティシエが審査を行なうことから、日本の洋菓子業界の中でもレベルの高い、非常に権威あるコンクールです。

第23回目の今回は、フランス・パリで開催される国際コンクール「シャルル・プルースト杯」の日本代表選手選考会も兼ねており、アメ・チョコレート・パスティヤージュをバランスよく使用したピエスモンテの技術が競われました。

テーマの表現力、仕上げの技術力、作品の芸術性、そしてそれぞれのオリジナリティも大事な要素。まさに、パティシエとしての総合力が求められるコンクールなんです。

さらに今回は同時開催で、自由な食材を使用したアントルメの味で競われる「内海杯味覚コンクール」が開催されていました。こちらは、審査内容のうち80%が味覚、残り20%が仕上げやデコレーションの完成度と、味覚の要素が非常にウエイトを占めるコンクールで、こちらにも多くのパティシエたちが挑戦されていました。

今年も東京製菓学校からは、洋菓子科 谷藤 拓 先生が「内海杯技術コンクール」に挑戦!

151110-5.jpg

見事、準優勝に値する金賞を獲得しました!
こちらの 谷藤 先生の力作は、校内に展示していますので、ぜひご来校された際は間近でその迫力を体感してくださいね。

151110-6.jpg

谷藤 先生を僅差で上回り、今回内海杯とともに日本代表の座を手にしたのは卒業生の 佐々木 元 さん(第1部洋菓子本科2011年卒)。昨年の「2014ジャパンケーキショー」、今年の「内海杯ジュニアコンクール」に続き、なんと3連続優勝の快挙!

お二人とも、おめでとうございます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >小麦を本質から理解するために [種蒔き]
次の記事 >製菓・製パン関連書籍のご紹介

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」