Wagashi を世界に!
東京製菓学校がお届けする『スイーツトピックス』

MENU
スイーツトピックス

2014.04.14
Wagashi を世界に!

昨年末「和食」が、無形文化遺産に登録されましたね。
自然を尊重する日本人の心を表現したものであり、伝統的な社会慣習として世代を越えて受け継がれている食文化と評価されたそうです。

では、私たちの扱う「和菓子」はどうでしょう?
自然や四季、年中行事と密接に関わり、穀物や寒天、砂糖などのヘルシーな素材から、独特の世界観を生み出しています。和食と同様に、伝統的な社会慣習として世代を超えて受け継がれてきた日本人の心と言えるのではないでしょうか。

その「和菓子」の魅力を、東京製菓学校から世界へ発信しよう!

ということで・・・
今回 和菓子科では、3月20日から26日にかけてヨーロッパ遠征を企画して行ってきました!!

DSC00825 (160x120).jpg DSC00826 (160x121).jpg

先日卒業した和菓子本科・和菓子専科の卒業生から有志を集い、梶山 先生・小林 先生とともにフランスへ。パリにあります日本文化会館からの依頼を受け、お抹茶と上生菓子をお客様の目の前でつくり提供する「花鳥庵」を実施してきました。

DSC_0016 (314x236).jpg

オープンと同時に、ぞくぞくとたくさんのパリっ子たちが集まってきてくれました。
大人から子供まで、開始1時間でなんと100名を超えるお客様が!
日本から用意してきた材料が、あっという間に足りなくなってしまうのではないかと心配になるくらい、会場はものすごい熱気が溢れていました。

DSC_0029-1 (314x236).jpg

菓子祭や日本橋三越での販売等を経験している昼間部の卒業生たちは多少慣れてはいるものの、夜間部の卒業生たちにとってはまったく初めての経験です。

DSC_0040 (160x121).jpg DSC_0035 (160x120).jpg

自分たちがつくったお菓子を、パリのお客様の目の前で仕上げて召し上がっていただく花鳥庵。短期間ではありましたが、その反応を直に体感できたとともに、自分たちがこれまで学んできた技術が世界で通用するという実感を得ることができたのではないかと思います。

DSC01162 (160x120).jpg DSC01146 (160x120).jpg

おいしいもの、美しいものは、やはり世界共通。
和菓子を通して、さまざまな方々と交流することができました。

DSC01170 (160x120).jpg DSC_0013 (160x120).jpg

この経験も今後の糧として、プロの和菓子職人として成長していってくれるはずです。

DSC01175 (314x236).jpg

今回の企画にご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
そして、卒業生のみなさん、お疲れ様でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事 >欧州修学旅行レポート 2/2
次の記事 >ドイツに行ってきました!

学科・コース

入学について

就職・しごと

学校を見る・知る

校友会サイト「かしの木」