さまざまな設備を使って実習していきます|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
パン
[2016.12.14]

さまざまな設備を使って実習していきます

パンに特化して2年間パンに関するすべてを学んでいくパン本科では、校内にあるさまざまな設備を使って実習していきます。

161213-1.jpg

今回は、石窯の舎に設置してある特殊なオーブン「タンドール」を使用して、ナンをつくっていました!

ナンはインドやパキスタン、中央アジアの国々でよく食べられているパンの一種で、平べったい独特の形をしています。カレー専門店などで目にしたこともあるかもしれませんね。

161213-4.jpg

パン屋さんでナンを商品としても扱っているところもありますが、その場合は通常鉄板にのばしてオーブンで焼くことが多いと思います。でもパン本科では勉強のために、本来のつくり方で本物の技術と知識を身につけていきます。

161213-2.jpg 161213-3.jpg

本来のタンドールは、壺のようなものを地中に埋めて、中で薪や炭を燃やして温度を上げて使用します。中の温度は300℃以上にもなりますので、安全のために防火手袋を使用して行なっていきます。

161213-5.jpg

高温で短時間で焼き上げていかなければならないので、みんなで協力し合いながら手早く作業していくことが大切です。

161213-6.jpg

そして、ナンといえば、やっぱりカレーですよね?!

161213-7.jpg

今回は、本格的なバターチキンカレーをつくって、みんなでおいしくいただきました!(^^)/

| カテゴリー:パン|
このエントリーをはてなブックマークに追加