自然と手が動くようになるまで|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2016.09.29]

自然と手が動くようになるまで

基本技術をしっかりと身につける。
そのためには、一つひとつの作業に集中して、丁寧につくることをくり返すしかありません。

160929-1.jpg

和菓子本科1年生では、一人ひとりが技術を確実に自分のものにしていくために、反復練習の時間を数多く設けています。

160929-2.jpg

今回練習していたのは、上生菓子の「へら菊」。
三角ベラを上手く使って菊の花びらを表現していく、難しい作業なんです。

その三角べらの使い方、練切の持ち方や動かし方など、作業をしていく上でポイントがたくさんあります。

しっかりと一つひとつを確認しながら、とにかく何度も何度も練習していきます。

160929-3.jpg

はじめのうちは何度もやり直していた学生も、徐々にコツが分かってきて、考えなくても自然と手を動かせるようになってきていましたよ。

技術はつくることでしか身につけることができません。
プロの和菓子職人になるための土台を、在学中にしっかりと築いていってくださいね!
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加