季節の移り変わりも感じ取りながら|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2016.09.12]

季節の移り変わりも感じ取りながら

和菓子づくりのプロに求められるのは技術だけではなく、季節感や美しさを感じるセンスも必要です。

そのため和菓子本科1年生では、日本ならではの季節の移ろいにも意識を向けながら、お菓子づくりに取り組んでいます。

160912-2.jpg

ところで、秋の七草ってわかりますか?

桔梗(ききょう)、女郎花(おみなえし)、河原撫子(かわらなでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)、薄(すすき)の7つが秋の七草です。

160912-1.jpg

今回はその中から、「萩」をテーマに雪平生地と羊羹で形づくったお菓子「こぼれ萩」をつくっていました。

上に散らした新引粉で、萩の花が風になびいて散りゆく様を表現しているんですよ。

情景が目に浮かんできませんか?

普段の生活の中では、季節の移り変わりがわかりにくくなってきてしまっていますが、こうしてお菓子を通して旬を感じられるのも、和菓子の魅力のひとつですよね。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加