桃の節句「ひなまつり」|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2016.03.03]

桃の節句「ひなまつり」

今日3月3日は、桃の節句「ひなまつり」ですね!

桃の節句ともいわれ、女の子の健康を祝います。
ひなまつりの歴史はとても古く、平安時代にはもうすでにあったんだそうですよ。

160303-1.jpg

今日の和菓子本科1年生では、その「ひなまつり」にちなんだ上生菓子をつくっていました!

160303-2.jpg

節句などの行事を通じて、人々の生活の中に常に和菓子を感じられるのは、やっぱり日本人としてはうれしいものですね。

3月になると、ひなまつりやお彼岸もあるため、和菓子屋さんは忙しい時期になってきます。桜餅や草餅、そして「ひなまつり」用のお菓子などが登場してくると、春が近づいてきていることをひしひしと実感しますね。

160303-4.jpg

和菓子職人を目指す以上は技術だけでなく、そういった年中行事や時代背景、歴史、四季折々の花鳥風月など、和菓子に関するさまざまな事柄についても、しっかり理解しておくことが必要です。

160303-3.jpg

ちなみに、このお菓子の製品説明も学生が手書きでつくっているんですよ!

頭の中で思い描いたデザインを、まず最初にカタチとして表せるのは絵です。だから、写真もいいけど、やっぱり絵に描くということも大事ですよね。

| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加