その時期のお菓子をつくっていきます|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2015.09.18]

その時期のお菓子をつくっていきます

9月になると和菓子屋さんでは、栗やさつまいもを使った製品やお彼岸に使われる「おはぎ」などが多くつくられています。

東京製菓学校の和菓子科でも、和菓子屋さんと同じように、その時期のお菓子をつくっていきます。

150918-1.jpg

今夜の夜間部 和菓子専科2年生では、「おはぎ」をつくっていました。

150918-6.jpg 150918-5.jpg

細かいことはお教えできませんが、今回は1年生の時につくった基本のつくり方とは違ったつくり方でつくっているのだとか。

「おはぎ」のような素朴な製品にも、違ったつくり方があるなんて少し驚きですよね。

日々、和菓子も進化をしていっているんです!

150918-4.jpg

基本もおさえつつ、新しい材料やつくり方についてもしっかり学んでいきますよ。

150918-2.jpg 150918-3.jpg

こしあん、つぶあん、ゴマ、きなこの4種類の「おはぎ」にしていきます。

150918-7.jpg

もちろん米を蒸していくところから、自分たちで練り上げた餡を使って、すべての工程を行なって仕上げていきますよ。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加