基本配合の比較研究を行なっています|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2015.06.04]

基本配合の比較研究を行なっています

なぜこの配合で、なぜこの製法なのか?

その理由をしっかりと理解していくことが、プロとしてお菓子をつくっていく上では必要になってきます。

今日の和菓子本科1年生では、基本製品である小麦饅頭を題材として「比較研究」の授業を行なっていました。

20150604-5.jpg

小麦饅頭の基本配合から、使用する材料を変えたり、その量を変えることで、出来上がりの製品にどのような違いができてくるかを比較していきます。

あえて失敗ともいえる製品をつくる。
これも大切な勉強なんです。

20150604-6.jpg

今回は、ベーキングパウダーや重曹などの膨張剤を変えたり、砂糖の量の割合を変えたり、薄力粉の代わりに強力粉を使用したら出来上がりにどのような変化が出てくるのか、というテーマのもとで小麦饅頭をつくっています。

さらに、明日以降も今日つくった製品がどのように変化するかを観察していくんですよ。

20150604-7.jpg

生地の状態の違いやかたさの違いも感じながら、実際につくってみることで基本配合の素晴らしさを再確認して、成功へのプロセスを学んでいきます。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加