一つひとつのお菓子を丁寧に|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
洋菓子
[2015.06.29]

一つひとつのお菓子を丁寧に

洋菓子本科では、2年生になると朝から夕方まで一日通して、ムースケーキやタルト、焼き菓子など、さまざまな製品を数種類同時進行でつくっていくこともあります。

150629-6.jpg

さすがに、たくさんの種類の製品を数多くつくっている時の授業は、学生はもちろん先生までがとても忙しそう。

150629-8.jpg

ついつい手を抜きたくなっちゃうかもしれませんが...
もちろん、そんなことは絶対に出来ません!!

最初から最後まで気を抜けるところなんてありませんよね。

150629-9.jpg 15629-11.jpg

生地の仕込みはもちろん、
製品の顔になる最後の仕上げの部分まで、それぞれの作業手順や次に行なうべきことなどについても考えながら、とても細かいところまで気を使ってつくっていかなければなりません。

150629-13.jpg 150629-7.jpg

そして、つくっているのはプログラムされた作業だけを行なう機械ではなく、心ある人間の手です。

つくり手側のつくっている時の感情は、出来上がりの製品の味にも反映されてきます。本校の校歌の歌詞にもありますが、まさに「菓子は人なり」なんです。

150629-5.jpg 150629-4.jpg

どんな時でも、一つひとつのお菓子を丁寧に、想いを込めてつくっていくことが大切ですよね。

150629-12.jpg

そういう想いや気持ちって、食べた人に必ず伝わるものだと思うんです。また、それが伝わった時の感動は、何事にも代えがたいものなんです。

このパティシエという仕事をしていく上で、技術よりも知識よりも、何よりも一番大切なことかも知れませんね。
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加