先輩の姿に自分の未来をみる|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
洋菓子
[2015.05.07]

先輩の姿に自分の未来をみる

現場の第一線で活躍されているパティシエの技術は、本来であればその職場に就職しない限り観ることはなかなか難しいものです。そこで洋菓子本科では、著名なパティシエの方々を外来講師として招いての授業をこの時期に数多く展開しています。

お菓子に限ったことではありませんが、ものごとはすべて最初の頃に習ったり、出会ったりした人の影響を強く受けるもの。吸収力の高い学生のうちに、その一流の技術に触れておくことはとっても貴重な経験ですよね。

20150507-1.jpg

今日の洋菓子本科2年生では、東京都・日野市、高幡不動駅近くにあるフランス伝統菓子の人気店 パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウのオーナーシェフ 藤生 義治 先生にきていただいています。

IMG_1270 (1000x748).jpg IMG_1264 (1000x751).jpg

本校の卒業生でもあり、
フランスやウィーン等でも経験を積まれている藤生シェフ藤生先生の代名詞ともいえるフランス伝統菓子をはじめ、コンフィズリー、ヴィエノワズリー、ショコラなど、あらゆるお菓子に取り組まれています。

今日は
そんな藤生シェフのスペシャリテの中から5品も惜しげもなく、学生たちに披露してくださいました。

IMG_1269 (1000x750).jpg 
IMG_1267 (1000x751).jpg

また、今日は藤生シェフの元でお世話になっている卒業生 橋本 将樹 さん(洋菓子本科2011年卒)を助手として連れてきてくださいました。

20150507-2.jpg

藤生シェフが仕事をしやすいように、進行状況を確認しながら作業がスムーズに進むようにと、さまざまなところまで気配りをしながらキビキビと動く先輩の姿...。

カッコイイです!!(^V^)

現在の職場であるフジウでの様子なども、いろいろと話してくださいました。
藤生シェフからも、フランス留学時代のことなどお話を聞ける時間も設けてくれたんですよ。

卒業後パティシエとして働く未来の姿を、先輩方を通して少し感じることもできたのではないでしょうか。

先輩方に追いつき、追い越せる存在となれるよう、みんなも頑張っていきましょうね!
| カテゴリー:特別授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加