基本の作業を丁寧に|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
和菓子
[2015.02.09]

基本の作業を丁寧に

今日の夜間部 和菓子専科1年生では、「抹茶浮島」をつくっていました。

20150209-1.jpg

口溶けの良い抹茶の浮島生地の食感と合うように、やわらかく練り上げた黒豆の羊羹を、市松模様に仕上げたお菓子です。

市松模様とは、色の違う二種類の正方形または長方形を、互い違いに並べた模様のことをいいます。

20150209-3.jpg

正確に包丁を入れて、一つひとつ大きさを揃えて丁寧に仕上げていきます。特にこういったお菓子の場合は、包丁の入れ方ひとつで仕上がりに大きく影響していきますよね。

20150209-2.jpg

こういった基本中の基本の作業を、実習を通してしっかりとこなしていくことが、技術の修得には大切なことなんです。

| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加