チョコづくりの基本はテンパリング|スクールブログで東京製菓学校のキャンパスライフを感じてください!

高校3年生の方へ高校1・2年生の方へ社会人・大学生の方へ外国人留学生の方へ保護者の方へ製菓・製パン業界の方へ卒業生の方へ
カテゴリー
過去の記事
ふだんの授業
洋菓子
[2014.12.08]

チョコづくりの基本はテンパリング

夜間部 洋菓子専科2年生でも、いよいよチョコレートの授業が始まってきました!

20141208-02.jpg

まずは、何はともあれテンパリングから。
テンパリングとは、チョコレートの深い味わいをそのままに成形するために、とーっても重要な技術なんです。

ちょっと専門的に言うと、温度を調整してチョコレートの中に含まれるカカオバターの分子を安定させ、口溶けの良い状態にしていくことを言います。

チョコレートはとてもデリケートで、扱いが難しいんです。

そして、そのテンパリングにも、さまざまな方法があります。
それらをちゃんとイチから教えていきますよ。

20141208-03.jpg 20141208-04.jpg

何事も始めが肝心。ここをしっかりと覚えておかないと、チョコレートを扱えるようにはなりません。

先生方が現場にいた時の経験談なども交えながら進めてくれていました。こういう話もありがたいですよね。(^^)

20141208-01.jpg

今日は初回ということで、水冷法でのテンパリングとともに、アマンド・ショコラをつくっていました!

まだまだ他にも、覚えてもらわなければならないことがたくさんあります。

しっかりマスターしていきましょう!p(^_^)q
| カテゴリー:ふだんの授業|
このエントリーをはてなブックマークに追加